...

移住者インタビュー

ゆったりとした生活を楽しんでいます♪

牧野亜紗美さん埼玉県朝霞市から

有田町への移住を決められたきっかけは?

勤めていた金融関係の会社が合併し、会社の雰囲気も大きく変わってしまったこともあって、転職のチャンスがないかなと考えていました。そんな時、「日本仕事百貨」という転職サイトに現在勤めている会社(アリタポーセリンラボ株式会社)の募集が載っており、興味を持ちました。もともと日本の伝統工芸や伝統文化が大好きで、そういうことを仕事にできるチャンスを探していたので、佐賀はちょっと遠いかな~、と思いながらも思い切って履歴書を送ってみました。東京での面接を経て、採用されました。
今(2017年7月現在)は管理部に所属していて、主に月の売り上げ集計をしています。今後は社長のスケジュール管理など、秘書業務にも携わっていきます。

移住するまでの流れを教えて下さい。

採用が決まってから、休日を利用して有田を何度か訪問しました。有田の町、佐賀という地の雰囲気を知りたかったからです。それから会社の方々の助けを借りながら家探しをはじめたのですが中々決まらず、そんな時、有田町が移住体験用の貸家を無料で貸し出していると聞きました。ちょうど赴任するタイミングで空いていましたので、その貸家をお借りして、その間に有田町周辺で家探しを始めました。赴任前から何度か有田を訪問し、5月の陶器市期間中は1週間、会社の手伝いにも来ていましたので、有田の町の雰囲気を知って家探しをできたのは良かったと思います。

実際に移住されていかがですか?

私は今まで実家に住んでおり1人暮らしは初めてなのですが、毎日とても充実しています。ただ、1人暮らしは何かと物入りなので大変ですが…!
都会と違い、有田はとても静かで落ち着きます。自然も豊かでとてもきれいです。東京にもそれなりに緑はあるのですが、やはり街の中の自然は人工的だったなと思います。本物の自然は本当に癒されます。会社の方々や出会った方々もとてもやさしく接してくれますし、東京で働いていた頃に感じていたストレスは全く感じなくなりました。

移住して感じる有田町の魅力は?

やはり有田焼ですね。有田焼は日本が誇る伝統工芸ですが、それが身近にあるというのはとても魅力的だと思います。有田の魅力、有田焼の魅力を、もっともっと日本全国に、世界に伝えていかなければならないと思います。私が転職した理由がまさにそこにあります。
もちろん、自然が豊かで静かなのも魅力ですし、水がおいしいのも魅力です。それと、ちょっとしたところに趣のあるカフェなどもあって、とても面白い町だなと感じています。
また有田は、武雄、伊万里、佐世保といった都市が近くにあり、休日は車で気軽に出かけることができます。JRも福岡からの特急が停まります。程よい田舎であり、田舎暮らしを楽しみつつ、都市にもすぐアクセスできるという地理的に恵まれた場所にあると思います。

移住して苦労したことは?

虫です。都会よりは確実に接する機会が増えました。自然が多いこととの裏返しなので致し方ないのですが、慣れるまでに時間がかかりそうです。
あと、買い物や通勤にどうしても自動車が必要になります。運転免許がない方はちょっと大変かもしれません。
私はまだ未経験なのですが、冬がとても寒いと聞いています。寒いのが苦手なのでちょっと心配です。
方言が分からないので、私からどんどん話しかけるようにしています(笑)。

有田への移住を検討されている方へのメッセージやアドバイス

一度、観光で有田に来ることをおすすめします。時間のゆっくりした流れをぜひ感じてほしいです。

最近の楽しみは何ですか?

休日そのものがとても楽しいです。掃除をして、のんびり読書をして、料理を作って食べる。東京では平日も休日も時間に追われていたと思いますが、有田に来てからは時間を気にすることが少なくなりました。毎日がとても充実しています。

ページトップへ