...

移住者インタビュー

有田の魅力を知ってほしい!

高木ふたばさん神奈川県から

有田町への移住を決められたきっかけは?

神奈川県茅ケ崎市(湘南)で5年間カフェを経営していました。経営的にも体力的にもカフェ一本でやっていくのは難しいなと思っていたところ、どこか別の場所でゲストハウスのようなことができないかなと考え、まずは葉山で古民家を探しました。でもなかなか条件に合う物件がありませんでした。そんな時、ネットで有田の空き家情報を見つけ、条件もむしろ葉山より良かったので、有田で探すことにしました。

移住するまでの流れを教えて下さい。

HP『アリタカラ』で、有田町の空き家情報を見て、気になる物件があったので、役場に連絡を取りました。父が武雄の出身だったので、有田には子供のころ何回か来たことがありましたが、有田の町自体はあまり知りませんでした。そこで、有田の町と家を見るのを目的に有田に行ってみることにしました。結局その時、家は見つからなかったのですが、その後も(有田町が主催する)空き家見学ツアーに3回、参加させていただきました。そして今年の2月に今の物件に出会い、3月に契約して住むことを決めました。引っ越してきたのは10月です。

実際に移住されていかがですか?

思っていた以上に冬が寒いですね!湘南という温暖な気候のところから移住したので、また今住んでいるのが古民家なので特に寒さを感じます。それからどこに行くにも車を使い、車移動が前提のライフスタイルだなというのを実感します。あと食材が(関東に比べると)安くておいしいですね。

移住して感じる有田町の魅力は?

まずは、有田焼の歴史、その中で積み上げられてきた技術やセンスです。有田の高校生が作ったポスターを見て、とてもレベルが高くてびっくりしました。やっぱりそういうセンスが若者にも引き継がれているんだなあと思いました。次に緑が多く自然が豊かなところです。自然がきれいなところは日本国中たくさんありますが、有田が他と違うのは、焼き物と自然が調和していて、両方を楽しめるところです。そして、有田の皆さんが温かい!移住の最終的な決め手は「人」です。環境も大事だけど、人がよくなければ来ようと思わなかったです。

移住して苦労したことは?

一番は寒さ(笑)。他にも細かいことはありますが、とにかく対人関係では全くいやな思いをしたことがないです。有田の人は近くも遠くもなく、程よい距離感で接してくれますので。

有田への移住を検討されている方へのメッセージやアドバイス

やっぱりまずは足を運んでほしいですね。有田町の「お試し住宅」はオススメですよ。レンタカーもついて宿泊費は無料です。食費とガソリン代と光熱費さえ払えばいいので。有田焼の食器から生活に必要な日用品がすべて揃っています。ぜひ利用してもらいたいと思います。

有田でやってみたいことは?

湘南ではカフェと音楽のライブ演奏の企画をやっていて、その時にできた友人たちを有田に呼んで有田を体験してもらいたいと思っています。そのために、今リノベーションしている家を、彼らが泊まれるような施設にしたいと考えています。最終的には、長期的に泊まって何もしないでのんびりする別荘のような場所を作りたいですね。来てくれた人を癒したり、元気にしたりする場にしたいなと思います。有田の文化や自然に助けてもらいながら、泊まる人も自分も気持ちよく暮らす。有田を知らない人が来て、有田の魅力を感じてもらえたらと思っています。

ページトップへ