...

移住者インタビュー

朝の新鮮な空気に元気をもらっています!

大塚隼輝さん佐賀県鳥栖市から

有田町への移住を決められたきっかけは?

わたしは今年の3月に大学を卒業して、4月から福岡市内の会社で働いていました。そしたら街で偶然、大学時代の先輩に出会ったんです。「よかぎんた、有田で一緒にがばいおもしろか仕事ばせん?(よかったら、有田で一緒にとても面白い仕事をしないか?)」わたしはお世話になっていた先輩の言葉にあっさりとやられて、わずか2ヶ月で新卒で働いていた仕事を辞め、有田で働き始めました。いま、まちづくりをする会社のWeb担当として、「有田まちなかフェスティバル」のサイトを企画したり、日々楽しく過ごしています。
有田町にはそれまで縁もゆかりもなく、移住したいと思っていたわけではありませんでしたが、実家の鳥栖市から職場に通い続けるのがキツくて移住しました(苦笑)。

移住するまでの流れを教えて下さい。

転職して最初の2ヶ月間は、約2時間かけて電車通勤していました。その間に、有田町内の不動産屋さんを訪ねて物件を紹介させてもらって、いまの家に出会いましたね。

実際に移住されていかがですか?

最初に来たとき、「思ったより人が少ないなあ」とびっくりしました。陶器市のイメージがあったんですよね。でも、有田には自然がたくさんあって、とても癒されるんです。町のすぐ近くに山があって迫力がありますし、この季節(初秋)の明け方には朝霧が広がっていて、すごく幻想的なんです。こういう雰囲気が、有田焼を作る人たちの感性を育んでいるのかなと思いますね。ただ、地形が谷になっているせいか朝晩の冷え込みが厳しくてちょっとツラいかな(苦笑)。

移住して感じる有田町の魅力は?

空気がとても美味しくて、「今日も一日頑張ろう!」って思えるんです。これは、都会では感じられないことじゃないですかね。

移住して苦労したことは?

特にないですね!快適に暮らしています。

有田への移住を検討されている方へのメッセージやアドバイス

秋~冬は冷え込むので、暖房器具と防寒具をしっかりとご準備ください!(笑)

どんな休日を過ごしていますか?

町なかを歩いて、神社仏閣めぐりをしています。有田って、神社仏閣が結構多いんですよ!たくさん歩いて、たくさん町の人に出会い仲良くなって、どんどん町の中に溶け込んでいきたいと思います。

ページトップへ