...

移住者インタビュー

有田で焼き物づくりを楽しんでいます♪

矢田久美子さん熊本市から

有田町への移住を決められたきっかけは?

わたしは元々美大を出て、デザイン専門学校で働いていました。でも、ものづくりが大好きで、焼き物の勉強がしたいと思い、有田窯業大学校(以下、窯大)に入学したんです。

移住するまでの流れを教えて下さい。

窯大に入学した当初は、アパート住まいをしていました。しかし、2年目くらいに「自分の工房が欲しい」と思うようになり、「売家」として出ていた今の家(※)を買いました。ボロボロだったんですが、ロケーションや雰囲気が良くてすぐに気に入りましたね。

※矢田さんは、この家で『Galleri Tempeltrae /ギャラリーテンプルトレイ』という北欧雑貨のギャラリーとカフェを経営していらっしゃいます。http://www.tempeltrae.com/

実際に移住されていかがですか?

有田町は焼き物を作るためにとても充実した場所です。それに、面白いというか不思議な町ですね。一昔前に戻ったような・・・建物や素材などに素敵な雰囲気があります。

移住して感じる有田町の魅力は?

有田町は山が近くて自然に囲まれているのが魅力ですね。それに、歴史があって面白い場所が色んなところにあります。でも一番は、焼き物作りの環境が整っているということかな。

移住して苦労したことは?

生活にちょっと不便なところがあります。私は泉山というところにいますが、買い物するのに車に乗らないといけません。あと、冬がとても寒いです。建物が古いせいもあると思いますが・・・。
他には、移住当初は自分が町に受け入れてもらえているのか、という不安がありました。周りにご年配の方が多くて若い人があまりいないという部分も不安の一因だったと思います。最近は、若くて頑張っている友人や知り合いが増えてきてちょっと安心しています。

有田への移住を検討されている方へのメッセージやアドバイス

いま、有田町は有田焼創業400周年を迎え、どんどん面白い方向に動きつつあります。たくさんの色んなイベントがあって、皆が盛り上がっていますね。
居住環境としてもgood!まちあるきや散歩が好きな方には特に楽しい町ですよ。ぜひ移住してもらって、有田により新しい風を吹かせてもらえると嬉しいですね。

最近の楽しみは何ですか?

いまは卒業制作に追われています・・・(12月現在)。でも、試作がうまくいったり先が見えてくると楽しいですよ~!
あとは、温泉や展覧会に行くのが好きなんですが最近あまり行けてないので、卒業制作が終わったら行きたいですね!

ページトップへ